2018年11月のカレンダーをお届けします

標準

本日は本社事業開発部のスタッフより、2018年インフォマティクスカレンダー11月の写真をご紹介します。


陽の落ちる時間が早くなり、秋も深まってまいりました。
こちらの写真は、以前、秋にパリを訪れた時の一枚です。20181030_1

パリのオペラ座近くにあるデパートGaleries Lafayette(ギャラリー・ラファイエット)の屋上から撮影しました。パリの天気は変わりやすく、その日も昼間は小雨が降っていましたが、夕方になってデパートの屋上に出てみたところ、たまたま雨もやみ、夕陽とともに素敵な写真を撮ることができました。

パリは光の繊細さが独特で、同じモチーフを撮影しても、光の加減で違う表情になります。そういったところから、印象派の巨匠モネや作曲家ドビュッシーなどにみられるような繊細で素晴らしい絵画や音楽が生まれたのかもしれません。20181030_2

アール・ヌーヴォーの美しい吹き抜け(ギャラリー・ラファイエット)

パリといえば、芸術の都と称され、有名なルーブル美術館、オルセー美術館をはじめとする美術館や、オペラ座などが立ち並び、芸術の秋を堪能する場所には事欠きません。

色々と見て回った中で、個人的には、ルーブル美術館の横にこじんまりと佇むオランジュリー美術館が印象的でした。この美術館は、元々19世紀にナポレオン3世が建てた温室(オランジュリー)を利用した美術館で、さほど混雑しておらず、壁一面に広がる巨大なモネの睡蓮をゆっくりと鑑賞することができました。

自然光にこだわって設計された鑑賞室。
白の壁面にモネの「睡蓮」。
柔らかい光の中に、青‥、蒼‥、碧‥。
展示されている絵画ももちろんですが、鑑賞する空間としても素晴らしい場所でした。

Musee de l’Orangerie
La Collection

オランジュリー美術館には、モネの大作以外にも、ルノワール、セザンヌ、ピカソ、マティス、ゴーギャン・・、印象派からキュビズムを経てパリ派まで、様々な名画が展示されています。

美術や音楽などの好みは人それぞれですが、パリにはジャンルや規模も含め様々な名建築、文化施設などがあるので、お気に入りの場所を探して旅をするのも面白いかもしれません。

また、日本でもこの時期は美術展や演奏会の開催が増えますので、芸術の秋を感じてみてはいかがでしょうか。そして、食欲の秋も忘れずに!(本社 事業開発部 K.Y.)20181030_3

オリジナルカレンダーの制作、始まりました

標準

本日は本社 営業支援スタッフよりお届けします。


営業支援チームでは、9月から来年(2019年)のカレンダー制作の準備に入っています。

来年は「平成」が4月末で終わり、5月から新元号が始まるという大きな節目の年でもあるので、祝日などの記載に気を付けなければと、これまで以上に身の引き締まる思いでおります。

制作を開始するにあたり、過去20年分(1998年~2018年)のカレンダーをずら~っと並べてみました。なかなか感慨深いものがあります。「あ、これもらったことあるよ」という方もいらっしゃるかもしれませんね。20180928_1

2010年までは、弊社のペイントレンダリングソフト「Piranesi(ピラネージ)」をお使いのユーザー様によるペイント画像を掲載していましたが、2012年からは社員が撮影した写真を掲載するようになりました。表紙には富士山が3度も登場、富士山はやはり日本の誇り、日本の象徴ですね。

2011年は、弊社のGIS「GeoCloud(ジオクラウド)」のサービス提供開始を発表した年。クラウド(雲)にちなみ、この年のカレンダーには、弊社会長と古くからお付き合いのあるフォトグラファー 志村博氏(英国在住)が撮影された「雲のある風景」の写真を掲載しました。この時はキャプションとして観天望気(例:夕焼け雲が出たら、次の日は晴れなど)の解説を加えました。

ここ数年のカレンダーを振り返ってみると・・、
2012年:雲のある風景の写真と、そのイメージに合う俳句(営業支援チームで作句)を掲載
2013年:雲のある風景の写真と、そのイメージに合う短歌・俳句を掲載
2014年:自然風景の写真と、そのイメージに合う短歌・俳句を掲載
2015年:自然風景の写真と、そのイメージに合う二十四節気・七十二侯を掲載
2016年:自然風景の写真と、空間情報用語集を掲載(例:投影法と座標系の違いって?など)
2017年:自然風景の写真と、空間情報ビジネスに関わる記念日を掲載(例:6月3日 測量の日、10月14日 鉄道の日など)
2018年:自然風景の写真と、12ケ月の色を掲載(例:1月 深緋(こきひ)、2月 若草色(わかくさいろ)など。カラーガイドを作成しているDICグラフィックス社さんに協力いただきました。)
と、社員から募集した写真を営業支援チームのメンバーで選考し、その写真とともに何かしらの情報を掲載するというパターンが定着してきています。

そして目下、2019年のカレンダーに掲載すべく、社員から写真を募集中。プラスアルファのキャプションも検討している真っ最中です。(キャプションは毎度頭を悩ませていますが・・。)平成最後となるカレンダー、どんな仕上がりになるか乞うご期待!

なお、インフォマティクスオリジナルカレンダーをお受け取りになった方がいらっしゃいましたら、ぜひご意見をお聞かせください!お待ちしております。(本社 営業支援チーム M.N.)

2018年10月のカレンダーをお届けします

標準

本日は本社開発スタッフより、2018年インフォマティクスカレンダー10月の写真をご紹介します。


この写真は、福井県大野市にある刈込池(かりこみいけ)を訪れた際に撮影したものです。刈込池は紅葉の名所として知られていて、この日も大勢の人が池の紅葉にカメラを向けていました。20180928_1

刈込池に行くには、大野市の中心部から車で1時間ほど走り、いったん駐車場に車を停めたのち、さらに1時間ほど山道を歩きます。朝早く駐車場を出発した私は、まだ薄暗い森の中を50分ほど歩き、刈込池に到着しました。

池に着くと、畔は既に多くの人で賑わっていました。人気スポットとは聞いていましたが、早朝からこれほどの人出があることに驚きました。池の紅葉はちょうど見頃を迎えていましたが、惜しむらくは太陽が雲に隠れてしまっていて光が少し足りないこと。太陽が出てこないかな、と思いながら待ちます。20180928_2

池の向こうに見える山は三ノ峰(さんのみね)という山です。ここからは見えないのですが、三ノ峰の背後には白山(はくさん)がそびえているはずです。20180928_3

5分ほど待つと、雲間から太陽が出てきて紅葉が見事に輝きはじめました!周りの人たちからも歓声が上がりました。20180928_4

池に映る三ノ峰。風が止むと、鏡のようになった水面に山がとても綺麗に映ります。20180928_5

池に映る紅葉。なんとも見事な場所でした。20180928_1

なお、前述のとおり、この刈込池は大野市の中心部から駐車場まで車で1時間ほどかかります。道の大半は険しい山道であるうえ、道幅が狭い箇所も多く、柵やフェンスがない崖のようなところを走っていきます。紅葉の時期、特に休日は激しく渋滞します。そのため、紅葉の時期に刈込池に行かれる方は時間に余裕を持って、運転にはくれぐれもご注意されますよう。(本社開発部 H.O.)

2018年9月のカレンダーをお届けします

標準

本日は本社営業部のスタッフより、2018年インフォマティクスカレンダー9月の写真をご紹介します。


9月のカレンダー写真は、スペイン・バルセロナにあるサグラダファミリアの写真です。20180928_6

バルセロナはヨーロッパ有数の観光都市であり、
・サッカー観戦
・ビーチ
・グルメ
・ガウディ建築
など見所スポットがたくさんあります。

実は、私がこの地を訪れた一番の目的はサッカー観戦でした。バルセロナには、あのメッシ選手が所属するFCバルセロナの本拠地、カンプノウ(収容人数8万人)というスタジアムがあります。サッカー好きにとっては聖地と呼べる場所の一つで、8万人もの観衆が一喜一憂する様はまさに壮観です。20180928_1

日本ではあまりイメージされないかもしれませんが、ヨーロッパ人にとってはバルセロナはビーチリゾートとして認知されています。昼はのんびりとビーチで降り注ぐ太陽と地中海を満喫し、夜はバル巡りをしてワインとタパス(おつまみ)を堪能します。20180928_2

スペインは、今や世界一の美食の国と言っても過言ではありません。調理手法を科学するという、料理会の新しい潮流「分子ガストロノミー」は、スペインがその中心となっています。「世界一予約が取れない」と言われた名店「エルブジ」や、イギリスの権威ある「Restaurant Magazine」誌のランキングでここ数年1位2位を競っている「カンロカ」など、世界的に有名なレストランも、ここバルセロナと同じカタルーニャ州にあります。20180928_3

そういった敷居の高い有名レストランでなくても、街の至る所にバル(気軽に立ち寄れる飲食店)があり、2軒3軒と夜遅くまでバルをはしごするというのがバルセロナ流です。また、街の中心部にあるボケリア市場は観光客にも開放されている市場で、プロの方々を気にせず食べ歩きを楽しめます。20180928_4

さて、前置きが長くなりましたが、本題のサグラダ・ファミリアです。サグラダ・ファミリアだけでなく、「グエル公園」や「カサミラ」などバルセロナにはアントニオ・ガウディが設計した建築物がいくつかあります。○○様式や○○調という時代や地域特有の様式ではなく、ガウディという一人の建築家による建築物が観光資源になっているという所が興味深いです。ガウディ建築はバルセロナに来なければ見ることができません。20180928_5

サグラダ・ファミリアはディテールの作り込みこそがその本質なので、近くで一つ一つの彫刻を見るのが醍醐味です。入場者には解説用のイヤホンが渡され、日本語でも解説を聞けるので、それぞれの意味やエピソードを知れば、より一層見学を楽しむことができます。

外観はメディアなどでよく見かけますが、驚くべきはその内観。多彩なステンドグラスに彩られた美しく神々しい空間が広がっており、こんなに美しいものとは想像もしていませんでした。もし訪問される場合には、あえて事前に内観写真は見ずに行ってみることをおススメします。

ご存じの通り、サグラダ・ファミリアは現在も建設中です。当初建設に300年を要すると言われていましたが、CADや構造計算などIT技術の進歩により、近年工期が大幅に短縮されており、ガウディの没後100年にあたる2026年の竣工を目指しています。数年経てばまた新しい部分が完成しているので、一度行けばもういいということにはならず、毎回新しい顔を見せてくれます。意図したものかどうかはわかりませんが、リピートさせる仕掛けになっているようです。

バルセロナとサグラダ・ファミリアを訪問すべき理由をおわかりいただけたでしょうか。ぜひ2026年までに一度見に行かれてはいかがでしょう。(本社営業部 T.K.)

2018年8月のカレンダーをお届けします

標準

本日は名古屋営業所のスタッフより、2018年インフォマティクスカレンダー8月の写真をご紹介します。


8月のカレンダー写真は、2017年7月、愛知県豊橋市で開催された「豊橋祇園祭」の打ち上げ花火の写真です。20180730_1

豊橋祇園祭の花火大会は毎年7月中旬に開催されており、予定が合えば欠かさず見に行っています。約2時間の花火大会なのですが、暗くなる前(18時台)に上がる花火があったり(以下の写真)、花火コンクールがあったり、地元企業協賛による華やかなミュージックスターマインが上がったかと思うと、個人提供によるメモリアル花火(「祝誕生○○くん!」「祝結婚25周年!」など)が上がったりと、非常にバラエティー豊かな花火を楽しむことができます。20180730_2

私は、ある企業さんの花火が好きで、「いつ上がるかな、そろそろかな、今年はどんな花火かな」と毎年ワクワクしながらその「登場」を待っています。

この花火大会は大会会場のほか、会場近くの市役所の展望室や公園、市内の大型商業施設の屋上など、色々な場所から観ることができます。来年は、市内を走る路面電車の背景に打ち上げ花火・・という構図で見てみたいなぁと考えています♪

今年は例年にも増す酷暑が続いていますが、夏はまだまだこれから!他の場所で開催される花火も見に行ってみたいと思います。(名古屋営業所 Y.K.)