建設テック2018に出展しました

標準

本日は本社 事業開発部AECスタッフよりお届けします。


インフォマティクスは、2018年10月17日(水)~19日(金)の日程で開催された「建設テック2018」に出展しました。本展示会は建設分野のIT化をテーマとする展示会で、今回初開催のイベント。3日間で来場者数7万6千人以上との報告にもあるように、会期中は多くの来場者で賑わっていました。(特に最終日は大賑わいといった感じでした。)

会場内には建設、土木、設計分野を対象とする様々な企業が出展。興味深いブースもいくつかあり、目を引く装飾や動線の作り方など勉強にもなりました。

弊社ブースでは先進のMRシステム「GyroEye Holo(ジャイロアイ ホロ)」を展示。来場者の方にホロレンズ越しにトンネル模型上に表示されるホロ画像を見ていただいたり、ブース空間上に表示されるホロ画像への操作を試していただきました。

ブースには、建設関連のほか別業種の方も多数お立ち寄りくださり、皆さん興味津々。何度か「こういうものが欲しかった!」というコメントをいただいたり、GyroEye Holoが現在販売中のシステムで、既に現場でも活用されていることに驚かれる方も多くいらっしゃいました。お客様とお話しする中で、こちらが思いもよらない使い方を提案していただく場面もあり、新たな可能性にも気付かされました。20181029_1

ホロレンズを装着して操作している様子はまだ珍しいのか、何度か「あやしいですね」とのお声がけがありました。また、ブース内で流している映像やパネルにも関心を持っていただき、立ち止まって「これはどういうものですか?」と説明を求められることも多くありました。

海外のお客様も多数立ち寄られ、ホロレンズを着けて画像が見えると「Ohhhh!」と大きな反応をいただき、とても嬉しく思いました。20181029_2

今回の展示会では、事前にロール・プレイングするなど自分なりに勉強して臨んだものの難しい質問にはお答えすることができず・・、まだまだ勉強が必要だと感じました。とはいえ、展示会説明員として2度目、今回3日間の会期ということもあってか、最終日には自分1人で説明できることが増えました。

3日間おかげさまで多くの方々に興味を持っていただき、システムの機能や活用方法、現場での導入イメージやメリットについてご紹介することができました。ブースにお立ち寄りくださった皆さま、誠にありがとうございました!

なお、11/19(月)にGyroEye Holoの無料体験会を開催する予定ですので、ご興味のある方はぜひこの機会にご参加ください。(本社 事業開発部 H.M.)

インフラ企業様向けセミナーを開催しました

標準

本日は本社 事業開発部の営業スタッフよりお届けします。


先日、建設・測量生産性向上展2018の出展レポートで広報室ブログデビューしたMです。本日は、先週末開催した自社セミナーについてレポートいたします。

9月7日(金)、インフラ企業のご担当者様を対象とした「地図・図面・位置情報を活用した業務システム事例紹介セミナー」を開催しました。毎回好評いただいているセミナーで、今回も多くの方が参加くださいました。お忙しいなか参加してくださった皆さま、誠にありがとうございました。20180911_1

セミナーでは、最初に東北大学大学院 教授の久田先生より「自治体管理インフラの現状と東北地方における産官学連携の取組み」と題したご講演がありました。高度経済成長期に集中して造られたインフラ構造物の維持管理は、東日本大震災(2011年)や笹子トンネル天井板崩落事故(2012年)など、まだ記憶に新しい災害や事故を契機に進められていったとのこと。始まったばかりとも言えるインフラ維持管理事業は、今後さらに推し進めていかなければならない分野だということを実感させられたお話でした。20180911_2

続いて、弊社のソリューション紹介やJR西日本様からの事例紹介があり、全プログラム終了後、短い時間ではありましたがGyroEye Holoのミニ体験会を設けました。数組の方が体験に参加され、私の上長や先輩にあたる営業担当に熱心に質問されており、興味を持っていただけたご様子でした。

私もお客様から質問を受けたのですが、曖昧にしかお答えできずすみませんでした。先輩からのサポートが得られない状況でも、自分で自信を持って説明できる場面が増えるよう頑張ります!先輩方のプレゼンを見て、自分もセミナーでプレゼンターとして担当製品をご紹介できるようになりたいと思いました。(本社 事業開発部 H.M.)

建設・測量生産性向上展2018に出展しました

標準

本日は、今年4月入社の新人スタッフよりお届けします。


皆さま、はじめまして。
8月より建設分野向け製品の営業部門に配属となったMです。よろしくお願いいたします!

今回、インフォマティクスが出展した「建設・測量生産性向上展(CSPI-EXPO)2018」のブース支援に行きましたので、会場の様子をレポートしたいと思います。

建設・測量生産性向上展2018は、建設・測量業界の最先端の機械・設備・技術・サービスなどが集結した展示会で、今回が第1回目の開催だそうです。

会場内には現場点検アプリ、3次元計測システム、画像診断ソフトをはじめとするシステム関連から、地中探査機器やドローンといった機材・機器まで、現場の生産性・安全性向上を目的とした製品が多数展示されていました。いずれの出展社も特徴が出ていて、とても興味深かったです。

インフォマティクスはGyroEye Holoを展示。ブースには韓国や中国など海外からのお客様が多く立ち寄ってくださり、なかにはモニターで流していたGyroEye Holoの動画映像を撮影されている方もいらっしゃいました。20180831_1

20180831_2

配属後初の展示会ということで内心ドキドキ。肝心の接客のほうは・・、せっかくお客様が足を止めてくださったのに、自分だけではうまく説明することができず、結局Kマネージャに頼りきりとなってしまいました。製品の魅力をもっとうまく伝えられるよう精進しなくては、と痛感しました。また、展示会では、より多くの方に立ち寄っていただけるようブースを工夫することが大切だなとも思いました。とはいえ、現場は純粋に楽しかったです!ブースにお立ち寄りくださった皆さま、ありがとうございました。(本社 事業開発部 H.M.)

シンポジウム事務局だより - 全会場が終了しました

標準

本日は本社/営業部 事務局スタッフからのレポートです。

7/19(木)の名古屋会場終了をもって、空間情報シンポジウムの全会場が終了いたしました。猛暑にもかかわらず、いずれの会場も多くのお客様が来場されました。誠にありがとうございました。

東京会場では、予想を大幅に上回るご来場者があり、準備していた講演資料集が終盤足りなくなってしまいご迷惑をおかけして申し訳ありませんでした。お渡しできなかったお客様には順次発送しておりますが、もしお手元に届いていない場合は事務局までご連絡いただきますようお願いいたします。

講演プログラムの前半は東京工業大学/益一哉様の基調講演をはじめ、省庁の担当者様による講演、地方自治体および民間企業のお客様による事例発表。後半は、MR(複合現実)技術を活用したシステム「GyroEye Holo」の導入事例やMR技術を創り出すウェアラブルPC「Microsoft HoloLens」についての講演、そして落合陽一様の視聴覚テクノロジーについての講演と、地理情報・GISだけにとどまらない最新テクノロジーの講演が続きました。

「現代の魔法使い」の異名をとる落合様の講演では、ソーシャル・インクルージョンの実現を目指して取り組んでいらっしゃる、AIと空間視聴覚技術を組み合わせたプロジェクトを多数ご紹介いただきました。

併設展示スペースでは、弊社およびパートナー企業による製品・サービスのデモやカタログを展示。休憩時間には大勢のお客様が見て回られていました。20180724_3

なかでもひと際目立っていたのが、弊社のMRシステム「GyroEye Holo」の展示コーナー。トンネル・道路の模型を設置し、HoloLens越しに橋脚やトンネルの構造やサイズなどがホログラム画像として重なって表示される仕組みとなっており、多くのお客様が体験していかれました。体験された方々には、橋やトンネルの点検補修・維持管理業務におけるMR技術活用の可能性を感じていただけたことと思います。20180724_4

20180724_2

また、今回もGISソフトウェア「SIS」の体験コーナー、技術サポートコーナーを設け、SISの基本操作や技術的なご質問に技術サポートスタッフが対応いたしました。20180724_1

当日は別室にて「海外向けGISセミナー」も開催。セミナー講演のためフィリピンより来日された講師陣も、セミナー開演前の時間を利用して、各展示コーナーを見て回っていらっしゃいました。パートナー各社の新製品、サービスにも興味津々のご様子でした。20180724_5

ご来場くださった皆さま、ご講演者の皆さま、併設展示にご協力くださったパートナー企業の皆さま、誠にありがとうございました。おかげさまで大盛況のうちに終了することができました。この場をお借りしてあらためて御礼申し上げます。

なお、講演資料集の原稿(pdf)をこちらよりダウンロードいただけますので、ぜひご覧ください。冊子版の講演資料集をご希望される方は、こちらよりお申し込みいただければと思います。(本社 営業部 M.F.)

インフラ検査・維持管理展に出展しました

標準

本日は本社 販促スタッフからお届けします。


インフォマティクスは、7月18日(水)~20日(金)東京ビッグサイトにて開催された「インフラ検査・維持管理展」に出展しました。この展示会は、道路、橋梁、トンネルなどの点検・診断、修繕・更新に関する専門の展示会です。

インフォマティクスのブースでは、社会インフラ分野の業者様に向けた、巡視・点検業務、構造物の維持管理業務などを支援するソリューションのデモ・カタログ展示に加え、今回はGyroEye Holoも出展。トンネル・道路の模型を設置し、HoloLens越しに見ると仮想の内部構造やサイズなどの情報が現実空間に表示される仕組みで、インフラ分野の業務におけるHoloLens活用の可能性を大いに体験いただきました。20180720_1

先日ニュースリリースでも発表しましたとおり、GyroEye Holoがネクスコ・エンジニアリング北海道様のシステムのプラットフォームとして採用されましたが、ネクスコ・エンジニアリング北海道様も本展示会に、現場での次世代教育を可能にするシステム「PRETES-e」(プレテス-イー)を出展されていました。

会期中、ブースお立ち寄りくださった皆さま、誠にありがとうございました。7/27(金)にはGyroEye Holoの体験会を開催する予定です。ご興味のある方、よろしかったらぜひご参加ください!お待ちしております。(本社販促 M.F.)