乗鞍天空マラソンに参加しました

標準

本日は名古屋営業所技術開発部スタッフよりお届けします。


日本一高い所を走るフルマラソン「乗鞍天空マラソン」に参加しました。

名古屋では蒸し暑い日が続いていた6月下旬、長野県松本市の乗鞍高原で開催された「第13回乗鞍天空マラソン」に参加してきました。dav

実は、この大会へ参加するのは今回が3回目。2014年には30kmを完走。2017年には大会がフルマラソン(42.195km)へと生まれ変わった記念に参加したものの・・残念ながら20km地点で時間切れとなり、とても悔しい思いをしました。フルマラソンを完走できなかったのは初めてだったこともあり、その悔しさが忘れられず、今回リベンジに行ってきました!!

乗鞍天空マラソンは、次の特徴を持つフルマラソンです。
・ひたすら上り、ひたすら下る折り返しコース(上りは走れません!下りは足が止まりません、というか止まれません!!)
・標高1,500mから2,600mまでという、半端ない標高差
・6月下旬でも残る雪壁(さむいっー!)
かなり過酷に聞こえるかもしれませんが、そこが逆に楽しみポイント、魅力でもあります。

当日はとても天気が良く、スタート地点(標高1,500m)から折り返し地点(標高2,600m)を望むことができました。
dav

この写真は、11.8km地点を過ぎたあたり、標高約1,920mの所です。ついさっき折り返したばかりの道が、かなり下の方に見えます。ちなみに、眼下に見える建物のあたりの標高は1,800mです。dav

さらに上っていくと、少しずつ山肌に雪が見えてきます。ここの標高は2,300m程度。昨年はここから先へ進むことができませんでした。sdr

そして、雪の壁!この景色が見たかったのです!!dav

折り返し地点(標高2,615m)では、スキーを楽しんでいる方々もいました。dav

ここから先は、今まで来た道を一気に下るのみ。上りは今年も関門との闘いでハラハラしましたが、今回は制限時間内にゴールすることができました。

SIS8.0サンプルプログラム「断面図作成」を用いて、大まかな標高グラフを作成しました。標高1,400m地点からスタートし、最初の5kmは比較的平坦ですが、その後グググッーと上っていき標高2,600m地点に着くと、あとはひたすら下り・・というコースがよくわかります。

20180706_2

地図データ出典:国土地理院 基盤地図情報数値標高モデル 10mメッシュ(標高)

とってもつらかったはずですが、こうして写真を見ていると「楽しかったなぁ、また行きたいなぁ」なんて思い始めてしまって困ります。つらいながらも自分の力で頑張った分だけ、素敵な景色に出会える、いい思い出になる。振り返って、そんなことを思いました。(名古屋営業所 Y.K.)

2018年7月のカレンダーをお届けします

標準

本日は本社技術部のスタッフより、2018年インフォマティクスカレンダー7月の写真をご紹介します。


今月のカレンダー写真は、沖縄県恩納村にある万座毛(まんざもう)で撮影したものです。20180629_6

昨年7月、海の日の連休を利用して沖縄本島を訪れました。目的地は北部にある本部町(もとぶちょう)です。那覇からの移動手段に選んだのはスズキアルトワークス。約10年ぶりに乗るMT車でしたが無事に走り切りました。20180629_1

ここは本部町・瀬底島にある瀬底ビーチです。人が少なく、海と砂浜がきれいなことから、写真撮影のスポットとして有名だそうです。20180629_3

写真撮影の合間に古宇利島(こうりじま)を観光しました。まっすぐに伸びる橋が印象的で、昼は海水浴、夜は満点の星空が楽しめる小さな島です。20180629_4

20180629_5

那覇に戻る途中で立ち寄ったのがこの万座毛です。海の底のサンゴ礁がくっきりと見え、海の深い青色、崖の高さと相まって、吸い込まれてしまいそうな不思議な感覚になりました。(本社技術部 T.O.)20180629_7

博物館明治村に行ってきました

標準

本日も名古屋営業所 営業部のスタッフより、地元愛知県ネタのブログをお届けします。


先日、愛知県犬山市にある博物館明治村(通称:明治村)へ行ってきました。

明治村は明治時代をコンセプトとしたテーマパークで、重要文化財11件、愛知県指定文化財1件を含む計67件の建造物が全国から移築され、当時の姿が再現されています。

観光ガイドによると、移築にあたっては極力当時の情景を再現すべく、建物の方角を同じにしているほか、海や川沿いにあった建物の場合は、窓から明治村隣の入鹿池(いるかいけ)が見える位置に配置し、水辺の景色を想起させる工夫がなされているそうです。単にモノとしての建物を残すだけでなく、そこでの人々の暮らしや風景までも残そうという気概が感じられます。20180626_1

20180626_2

ちなみに入鹿池は寛永10年(1633年)に完成とその歴史は古く、2015年に世界かんがい施設遺産に登録されています。人工の農業用ため池なのですが、定義上はダムにあたるとのことで、明治村園内のレストランでは「入鹿池ダムカレー」というカレーを食べることができます。

ご飯で堰止められたカレールウが、ウインナーの「栓」を抜くと、さながらダムのように放水されるという遊び心のあるカレーです。たまにTVなどでも見かけるダムカレーですが、地元にちなんだワカサギとむかごを使っているところがポイントだそうです。20180626_3

明治村は国内でも珍しい施設が集結していて見所満載。観光スポットとしても大変人気のある場所です。皆さまもぜひ一度足を運んでみてはいかがでしょう。(名古屋営業所 K.O.)

名古屋城に行ってきました

標準

本日は名古屋営業所 技術開発部のスタッフよりお届けします。


少し前の話になりますが、大型連休の初日に名古屋城に行ってきました。
「尾張名古屋は城でもつ」という言葉もあるように、「名古屋といえば『名古屋城』」というイメージをお持ちの方が多いのではないでしょうか。

築城当初のお城は太平洋戦争中に焼失し、現在の名古屋城天守閣は1959年に再建されたもので、鉄筋コンクリート製とのことです。近年では老朽化が問題となっており、木造による復元の話が出ていました。その復元プロジェクトのため天守閣の入場が禁止されると知ったのが4月頭のこと。入場できるのは2018年5月6日までと知り、慌てて出掛けたのでした。

連休初日でしたが早朝だったこともあり観光客はまださほど多くなく、じっくりと見学することができました。dav

まずは、一足早く木造で復元された本丸御殿を見学しました。この時は一部未公開の所もありましたが、それでも黄金色に輝く障壁画や格天井など見どころ満載でした。dav

dav こちらは、その後6月8日より全体が一般公開となっています。

天守閣を見学するのは今回で2度目。初めて来た時は、お城の内部にエレベーターが設置されていることにとても驚いたことを思い出しました。dav

鎧や兜、その他様々な資料が展示してありますが、これらは重量の関係で木造化後は天守閣内部には置けないとのこと。ここに来たらいつでも見られると思っていたので、残念・・。

最後に、鉄筋コンクリート製の名古屋城天守閣展望室(最上階)から名古屋駅方面の写真を撮りました。dav
2022年完成予定の木造の天守閣からはどんな景色が見えるのでしょうか?今から楽しみです。(名古屋営業所 Y.K.)

2018年6月のカレンダーをお届けします

標準

本日は本社開発部のスタッフより、2018年インフォマティクスカレンダー6月の写真をご紹介します。


今月のカレンダー写真は、群馬県と新潟県の県境にある谷川岳の山頂部で撮影した写真です。昨年6月、谷川岳に登頂したときに撮影したものです。20180531_1

谷川岳は、群馬県と新潟県の境、上越国境にほぼ沿って存在する三国山脈の山です。日本海側と太平洋側の大気がぶつかる場所であるため天候が厳しくなることが多く、地形も険しい場所なのですが、この日は快晴に恵まれました。

登り始めは好天だったものの、山頂近くまで行くと雲が出てきました。ここでちょっと不安な気持ちに・・。20180531_2

そのまましばらく進むと雲の中に入り、景色も見えなくなってしまいました。しかし、山頂近くまで上りつめたところで、ちょうどタイミング良く雲が晴れてきました。最高のタイミングでした!
こちらは、山頂部から見た三国山脈の山々。20180531_3

天候に恵まれないことも多い谷川岳ですが、この日は本当に素晴らしい天候でした。20180531_4

そして山頂へ。
谷川岳は「双耳峰(そうじほう)」という、ちょうど柴犬の耳のように山頂が2つに分かれて、すぐそばに並んだような形になっています。低いほうがトマの耳(標高1,963m)、高い方がオキの耳(標高1,977m)と呼ばれていて、カレンダーに掲載されている写真はオキの耳からトマの耳を撮ったものです。20180531_5

この写真も、同じくオキの耳からトマの耳を撮ったもの。ちょうど良い場所に白い花(ハクサンイチゲという高山植物)が咲いていて、見事な「絵」になりました。(本社開発部 H.O.)