シンポジウム事務局だより - 東京はじめ5会場、終了しました

7月6日(金)の空間情報シンポジウムは、東京、仙台、広島、高知、福岡の各会場とも無事終了いたしました。ご来場くださった皆さま、ご協力くださったパートナー各社様、誠にありがとうございました。

事務局スタッフが前夜遅くまで準備していた東京会場からのライブ配信も、当日他の4会場で問題なく視聴でき、ホッとしました。そしてなによりも、来場された方がこのシンポジウムで多少なりとも新たな知見を得られたとしたら、それが関係スタッフ全員にとって一番の喜びです。

また、初の試みであった東大/浅見先生と東北大/今村先生の対談も、両先生の研究への真摯な取り組みとお人柄のにじみ出た聞きごたえのある内容となり、思わず身を乗り出して聞き入ってしまいました。先生方、ありがとうございました。
東大/浅見先生と東北大/今村先生による特別対談の様子

さて、その対談を盛り上げた陰の主役、テーブルの上の花に気づかれた方も多いと思います。これまでシンポジウムではパネルディスカッションは行ったことがあるものの、対談は今回が初めて。対談の際、テーブルの上に何もないのはさみしいよね・・ということで、急遽手配することになりました。今年の講演資料集のテーマカラー「ローズピンク」に合うように、また、7月の花「ユリ」を多めに入れて欲しいとオーダーしたところ、素敵なアレンジメントが届きました!対談を華やかに演出できたと自画自賛しているのですが、いかがだったでしょうか?

対談を盛り上げてくれた花も、終了後は会場から撤去しなくてはならないとのこと。でも、処分するのは忍びないので、司会を務めました私Nが持ち帰らせていただくことにしました。会場ではちょうどよい大きさに見えた盛花も、食卓に飾るとテーブルの半分を占めるほど(意外に大きかったのですね)。今は部屋中ユリのいい香りが漂って、7/6のシンポジウムがひとまず無事終了したという余韻に浸らせてくれています。
お花

空間情報シンポジウムは、来週以降、名古屋(7/17)、大阪(7/20)、札幌(7/24)、那覇(8/2)での開催を予定しています。皆さまのご参加を心よりお待ちしております。

なお、ご希望の方には講演資料集をお送りしますので、弊社営業あてにご連絡いただくか(TEL:044-520-0850)、こちらのフォームよりお申し込みください。(本社 事業推進室 M.N.)