2016年4月のカレンダーをお届けします

今回は、弊社会長が2016年インフォマティクスカレンダーの4月の写真をご紹介します。


この写真は、弊社が入居しているミューザ川崎セントラルタワー近くから撮ったものです。
20160331_1

弊社は、お陰様で今年創立35周年を迎えます。
これまでに、本社オフィスを何度か移転し、現在のオフィスは4箇所目です。

最初のオフィスは、千代田区五番町(市ヶ谷駅近く)にありました。
社名がまだ「ARCヤマギワ」の時で、建物は私立双葉幼稚園の校舎を改装したもので木造でした。当時、リニアモーターでヘッドが高速に動くA0サイズ・フラットベッドプロッタがあったのですが、鉄の塊のような重量があるため、プロッタを設置する箇所の床だけを土台から補強しました。
My beautiful picture

My beautiful picture

次は、千駄ヶ谷の日本生命所有のオフィス。
新築の3階建てのこじんまりした一棟を借り上げました。2階が受付、1階と3階がオフィススペースで、居心地の良い所でした。時間が経つにつれ社員数が増えたので、数十メートル離れた所にある建物の中にスペースを確保し、そこに開発部隊を置きました。
20160331_4

20160331_5

My beautiful picture

それほど多くの社員がいるわけではないのに、離れた建物にオフィスがあるのも不便でしたので、次に、品川の新築オフィスビルの1階~3階を借りました。品川駅よりも京浜急行の北品川駅に近い場所にありましたが、品川~北品川の一駅だけ電車に乗るのも面倒なので、皆、品川駅から歩いてきていました。まだ、品川インターシティが完成する前で、その空き地を回って徒歩で10分ほどの所でした。

そして、さらに社員数が増え、品川のオフィスも手狭に感じるようになりました。それは2003年頃で、ちょうど新たな大規模オフィス群が都心に計画されていた、俗にいう「2003年問題」が騒がれていた時期。我々は、本社の人数をワンフロアで賄えるオフィススペースを都心に探し始めました。

もちろん、新築ビルに入るのは予算的に無理なので、新築ビルへの移転後空きが出たオフィスビルを探していました。要するに中古なわけですが、それらはバブルの時期に竣工した建物で、とても質の良い物件がいくつか見つかりました。

そろそろ移転先を決めようとした矢先に紹介されたのが、現在のミューザ川崎セントラルタワーのオフィススペースでした。新築最上階のワンフロア。見晴らしもすばらしく、広さも我々が探しているスペースとピッタリ!ただ、我々は品川からもう少し都心に近い所を探していたので、場所が川崎と聞き、興味が少々薄れたのを覚えています。

しかしながら、川崎は品川から東海道本線で一駅、時間的にも10分足らずの場所。実際の建物、オフィススペースを見にきて、とても魅力を感じました。多摩川を越えているおかげで、賃料を含む価格的な魅力が大きかったことも、このオフィスに移る決め手になったと思います。いくつかの利点を考慮し、都心に向けてオフィス移すのは諦めて、反対方向である川崎に移転してきました。引っ越し後2~3年して、道一本隔てた所にショッピングモール「ラゾーナ川崎」も完成し、さらに便利になりました。

ということで、ここ川崎に移転してきてもう10年ほどが経ちました。最近はまた社員数も増え、手狭に感じるようになってきました。さて、次のステップはどうなるのでしょうか?(M.N.)
20160331_7

【今日は何の日:3月31日】
「オーケストラの日」
多くの人々にオーケストラを身近に感じてもらうことを目的として、2006年、社団法人日本オーケストラ連盟が制定。「ミミにイチバン」、「ミミにイイ日」の語呂合わせ由来。毎年この日には、全国のオーケストラがそれぞれの地域で色々なイベントを開催しているそうです。弊社オフィスが入っているミューザ川崎セントラルタワー隣にはシンフォニーホールがあり、一年を通じてさまざまなコンサートが開催されています。本ブログでもシンフォニーホール関連の記事を掲載していますので、よかったらご覧ください。
・ミューザ川崎シンフォニーホール、リニューアルオープン