シンポジウム事務局だより - 東京・札幌・福岡会場、終了しました

本日は本社/営業部販促スタッフからのレポートです。


昨日7/7(木)、空間情報シンポジウム東京会場札幌会場福岡会場が無事終了し、3会場で合計約500名のお客様にご来場いただきました。皆さま、誠にありがとうございました。

SONY DSC SONY DSC

昨年同様、販促チームのスタッフは、前日夕方荷物の搬出を終えると、会場へ向かい、展示やライブ配信のテスト、リハーサルなどを行いました。今回は、特別講演で登壇されたサイエンスナビゲーター/桜井進様もリハーサルに参加され、本番に向けて遅くまで入念に準備されていました。

その桜井様のご講演は、まさにエンタテインメントショー。真っ暗な会場に浮かび上がる数学者たちの画像や数式、そして地図と数との関係を紐解いた歴史物語とそれを盛り上げる音楽。聴講した社員たちも「とても面白い講演でした」「三角関数や対数にあのような祈りが込められているとは・・」「感動的でした」などの感想を述べていました。

ご講演後、桜井様は奥様とともに併設展示を見て回られ、なかでも基調講演いただいた東大/中尾様の研究室で開発されたBeaconCastの展示ブースを興味深くご覧になっていらっしゃいました。

無事全プログラムが終了し、スタッフ全員で片付けてほっとひと息。お疲れ様でした。とはいえ、シンポジウムは7/14(木)大阪7/21(木)名古屋と続きますので、まだまだよろしくお願いします!(本社 営業部販促 M.F.)

【今日は何の日:7月7日】
「川の日」
建設省(現・国土交通省)が、近代河川制度100周年にあたる1996年に制定。七夕伝説の「天の川」のイメージがあること、7月は「河川愛護月間」であること、季節的に水に親しみやすいことなどに由来。そして、7/7と言えば、本日のブログでもご紹介したように空間情報シンポジウム2016(東京・札幌・福岡)の開催日。誰が名づけたか「七夕シンポ」、七夕の日は雨になることが多いため今年もお天気が心配されましたが、東京は快晴(というか猛暑)でした。ご講演者さま、ご来場くださった皆さま、本当にありがとうございました。