シンポジウム事務局だより - 大阪会場、終了しました

本日は大阪営業所/営業スタッフからのレポートです。


7月14日(木)、「空間情報シンポジウム2016 大阪会場」が開催されました。

連日のややこしい天気の中、朝いちばん、晴れ間が見えました!20160715_1

会場は昨年と同じ、毎日新聞オーバルホールでした。会場入りしてすぐに行うのが、ご来場者様へお渡しする配布資料(講演資料集+アンケート+ボールペン)のセット組み。まずは200セットの配布資料を皆で協力して作りました。

受付準備ができたところで、12:00開場までの合間をぬって、近くの中華屋さんで昼食をササッと済ませました。(台湾ラーメン、おいしかった~。)

そして受付開始。20160715_2

配布資料はオリジナルバッグの中に入っています。今回バッグの色は5色、柄は2種類で、なんと10パターンのなかから、ご来場者の皆さまにお好みの色柄を選んでいただきました。「このカバンは使えるなぁ」との嬉しいコメントも頂戴しました!20160715_3

そして全ての講演が終わり、大阪シンポが無事終了しました。

私は、昨年産休あけに開発部から営業部に異動したので、営業スタッフとして初めてのシンポジウムでしたが、GIS導入をご検討中のお客さまより、「このような有意義な会に呼んでいただいてありがとうございました。来て良かったです」という大変嬉しいお言葉をいただきました。(こちらこそ、ご参加くださいまして、ありがとうございました。)

ご講演者の皆さま、併設展示にご協力くださった企業さま、そしてご来場者の皆さま、誠にありがとうございました。この場を借りて、心よりお礼申し上げます。20160715_4

そして今週7月21日(木)、シンポジウム名古屋会場が開催されます。こちらもどうぞよろしくお願いします。(大阪営業所 営業部 E.S.)

【今日は何の日:7月12日】
「人間ドックの日」
1954年のこの日、国立東京第一病院(現・国立国際医療研究センター)で人間ドックが始められたことを記念して制定。船がドック(造船所)に入って点検・修繕を行うように、人間も病院で定期的に検査を受けて病気を早期発見・早期治療しましょうということで始まったようです。人間ドックというと淡々と検査を受けるイメージがありますが、丸の内には「最高のロケーションでゆったりと思い思いの時間を過ごしていただけるくつろぎ空間を提供する」をコンセプトとしたリラックスサロン系人間ドックを行っているクリニックもあるとか。検査しながらゆったりと癒されそうですね。(1日コースで45,000円だそうです!)