名古屋営業所、移転4周年を迎えました

本日は名古屋営業所技術開発部のスタッフからのレポートです。


名古屋営業所は、2012年10月9日に名古屋市中区錦へ移転してから、2016年で4周年を迎えました。
この4年間で新しい仲間が増えたり執務室内のレイアウトが変わったりしましたが、執務室から見える景色にも大きな変化がありましたので、ご紹介いたします。

前回のブログ(2012年10月)でご紹介した写真はこちらです。20170113_1執務室西側の窓からは、名古屋駅方面が良く見えます。「愛知県産業労働センター」「ミッドランドスクエア」「JRセントラルタワーズ」が重なるように見えています。「愛知県産業労働センター」は、例年、弊社主催の空間情報シンポジウムの会場として利用させていただいています。

次に、2014年10月に撮影した写真がこちらです。20170113_2幻想的な夕焼けが見えたので、思わず皆でシャッターを押しました。夕方なので建物が影になっていますが、「JRセントラルタワーズ」の右側に、クレーンが伸びている建物が2つ見えます。

そして、2017年1月に撮影した写真がこちらです。20170113_32012年当時と比べると、窓から見えるランドマークが3つから7つに増えました。
2014年の写真でクレーンが伸びていた建物は、「大名古屋ビルヂング」と「JPタワー名古屋」でした。「JPタワー名古屋」は2015年11月に竣工、2016年の空間情報シンポジウムの会場として利用させていただきました。

現在、名古屋駅の南側地区も再開発が進んでおり、2027年に予定されているリニア中央新幹線開業に向けて、これからも名古屋駅周辺はどんどん進化していくようです。また折をみて名古屋営業所周辺の様子をご紹介できればと思います。(名古屋営業所技術開発部 Y.K.)

【今日は何の日:1月9日】
「とんちの日」
とんちで有名な一休さんと「いっ(1)きゅう(9)」との語呂合せに由来。一休さん(一休宗純)は室町時代の臨済宗の僧侶で、諸国を放浪し禅の道を探究したと言われています。TVアニメが放映されていたこともあり、利発で可愛いお坊さんのイメージがありますが、成人後の一休さんはそのイメージとかなり違うとか・・。リアル一休さんを描いた「オトナの一休さん」というTVアニメも放送されていたようです。