2017年5月のカレンダーをお届けします

本日は本社技術開発部のスタッフより、2017年インフォマティクスカレンダー5月の写真をご紹介します。


今月のカレンダー写真は、岐阜県関市にある根道(ねみち)神社という神社にある池で撮影した写真です。

関市の里山に根道神社という神社があります。
その神社にある小さな池が、非常に美しいと評判になっているので行ってみました。

こちらがその池。多くの人がカメラを構えています。
一見、何の変哲もないただの池にみえますが・・。20170428_1

上から見るとこのとおり。
鯉が浮いているかのような、すばらしい透明度を誇る池なのです。噂には聞いていたものの、あまりの透明度の高さにしばし感動。20170428_2

睡蓮の葉が浮かぶこの池、クロード・モネの「睡蓮」の絵に似ているということで「モネの池」とも呼ばれているそうです。20170428_3

色鮮やかな錦鯉と睡蓮の葉が、良いアクセントになっています。20170428_4

見る角度を変えることで、このように様々な表情に変わります。(本社 開発部 H.O.)20170428_520170428_6

【今日は何の日:4月28日】
「象の日」
ベトナムからの献上品として日本に来た象が1729年のこの日、江戸の中御門天皇(なかみかどてんのう)の御前に披露されたことから制定。元々この象は8代将軍徳川吉宗が注文したもので、1728年、清の商人を通じて長崎に到来。2頭のうち1頭は長崎で死んでしまい、残った1頭が長崎から徒歩の旅をして、翌年江戸に到着したそうです。将軍へ献上される前に天皇にお披露目されたのですね。長崎から江戸まで歩いた象さんも大変だったと思いますが、道中それに遭遇した人たちはさぞ驚いたでしょうね。こちらにその様子をスケッチした絵が保管されていました。(国立国会図書館デジタルコレクション)