フィリピン・パンガシナン州高官らが来日、川崎市長を表敬訪問

本日は本社営業部のスタッフからのレポートです。


インフォマティクスが実施中のJICA中小企業海外展開普及・実証事業における本邦受入れ研修として、5月18日(木)~23 日(火)の期間、フィリピン国パンガシナン州知事、ダグパン市長、リンガエン町長と関連部署の職員の方々が来日されました。昨年の受入は運用前研修でしたが、今回は本格運用後の研修となりました。20170526_1

5/19(金)には、弊社会長、社長、営業担当者らとともに、ユーザーでもある川崎市様にて市長を表敬訪問しました。20170526_2

20170526_5

今回は、統合型GISを全庁にわたり幅広い業務に効果的に利用されている川崎市様から先進的な活用事例を学ぶこと、また運用現場の視察を通じて同じ自治体としてその効果や課題解決などを学ぶことを目的に訪問しました。

システム管理課、戸籍住民サービス課、危機管理室、都市計画課、消防局警防部指令課といった各関係部署の担当者様よりシステムを紹介いただき、フィリピンでの今後の利活用において大いに参考になったとともに、今後の友好な関係構築の第一歩となりました。20170526_4テレビ神奈川(tvk)の取材も入り、当日夜にニュースが放送されました。20170526_3

川崎市様Webサイトでのレポート(平成29年5月フォトリポート)はこちらからご覧いただけます。

今回も訪問・研修にご協力くださった皆さま、また来日された皆さま、大変お疲れ様でした。今後もインフォマティクスは関係者の皆さまと協力しながら、より効果的な運用に向けた支援を行ってまいりますので、引き続きよろしくお願いいたします。(本社 営業部 N.I.)

【今日は何の日:5月22日】
「国際生物多様性の日」
生物の多様性が失われつつあること、またそれにまつわる諸問題に対する認知拡大を目的として国際連合が制定。この日を中心に、世界各地で関連イベントが開催されているそうです。インフォマティクスの情報サイト「空間情報クラブ」ではSISの活用講座を掲載。最新の活用記事では、環境省自然環境局生物多様性センターの植生図データをフリービューアで読み込んで植生分布図を表示する方法を詳しくご紹介していますので、ぜひご覧になってみてください。