空間情報シンポジウム2017、今年も開催します

本日は本社営業部販促チームのスタッフからのレポートです。


安定しないお天気が続いていますが、晴れた日はすっかり夏を思わせる季節になりました。皆さま、いかがお過ごしでしょうか?

夏と言えば、空間情報シンポジウム。今年も開催いたします。というわけで、販促チームは現在シンポジウムの準備の真っ最中です。3月の35周年記念行事の終了とともにシンポジウム準備へとシフト。また並行して、展示会やセミナーの準備もあるため、メンバーはフル稼働しています。

先日、お客様にご案内するDM(ご案内状)も無事完成し発送手配も完了しましたので、今月下旬あたりから皆さまのお手元に届くかと思います。ホームページでも詳細なプログラムを掲載し、お申し込みを開始しました。

今年は全国3会場(東京・大阪・名古屋)での開催ですが、皆さまにとって有意義な情報を多数ご提供できるプログラムとなっておりますので、ぜひこの機会にご参加いただければと思います。

以下の画像は、GIS専門雑誌「GISNEXT 59号」に掲載したシンポジウムの広告です。あえて、ページサイズぎりぎりのデザインでインパクトを出してみました。(編集部の方から、「データのサイズ、大丈夫ですか?間違っていませんか?」と確認がありました。(笑))ちなみにこの雑誌には、SIS活用講座の記事も連載されており、空間情報クラブにも詳細手順を加えた形で掲載していますので、ぜひご覧になってみてください。(本社 営業部販促チーム M.F.)20170519_1

【今日は何の日:5月18日】
「ことばの日」
「こ(5)と(10)ば(8)」の語呂合わせに由来。言葉について考え、言葉を正しく使えるように心がける日、なのだそうです。ことばは気持ちや思い、考えなど色々な情報を表す手段の1つです。言の葉(ことのは)、言魂(ことだま)と呼ばれることもあり、人の気持ちを大きく左右する力を持っています。魔法使いならぬ、自分も周りも前向きに明るくする言葉を発する「言葉使い」になりたいものです。