シンポジウム事務局だより - 東京会場レポート

本日は本社/営業部事務局スタッフからのレポートです。


7/5(水)、空間情報シンポジウム東京会場が無事終了し、約400名のお客様にご来場いただきました。開催前日は台風でしたが、夜のうちに通り過ぎ、当日は快晴となって何よりでした。ご来場くださった皆さま、ありがとうございました。

会場である東京カンファレンスセンター・品川は2006年以来毎年利用させていただいていますが、今回は初めて受付位置を、エレベータを上がってすぐの場所から一番奥へと変更しました。ここからですと併設展示会場全体が見渡せて、展示コーナーの様子もよくわかりました。

休憩時間には、各展示コーナーをご覧になる方々で大変混み合っていました。弊社システム「GyroEye Holo」の展示コーナーには光る仕掛けの展示台を設置。その光に惹かれてか(!?)入れ替わり立ち替わりお客様が立ち寄られ、Microsoft Hololensを装着しMRの世界を体験されていました。20170727_2

また今回は、GISソフトウェア「SIS」の体験コーナー、技術サポートコーナーも設け、経験豊富な技術サポートスタッフが会場にてSISの基本操作や技術的なご質問に対応いたしました。20170727_1

今回基調講演いただいた須藤修様は、大学で教鞭をとられているほか、省庁や政府による各種部会の委員や座長としても活躍されていらっしゃいます。その委員会や大学での色々なエピソードを身振り手振りで披露され、控え室で同席していた弊社社長、会長も大笑いしたそうです。そのエネルギッシュで楽しいお人柄が感じられるご講演では、まだまだお話されたいご様子でしたが、予定時間が過ぎたためやむを得ず終了となってしまい、大変残念でした。

須藤様をはじめ、玉川様、水口様、中村様、遠藤様、豊満様、出口様による特別講演、事例紹介はいずれも大変興味深い内容で、終了後のアンケートでも「最先端のトレンドを知ることができて良かった」「GISの最新情報が得られた。現在のGIS市場や動向、これからの取り組みなど今後の大切な方向性が見えた」など好意的なコメントが多く寄せられていました。

20170727_3

さて、司会は引き続き今年もNさんにお願いしました。臨機応変かつ安定した進行に、スタッフ一同安心してお任せしていますが、今回も滞りなく終了。さすがです。お疲れさまでした。

ご来場くださった皆さま、ご講演者の皆さま、併設展示にご協力くださったパートナー企業の皆さま、ありがとうございました。おかげさまで盛況のうちに終了することができました。この場をお借りしてあらためて御礼申し上げます。(本社 営業部 M.F.)