憧れのマラソン大会に参加してきました

本日は名古屋営業所技術開発部スタッフよりお届けします。


2月下旬、今や世界的にも主要なマラソン大会の1つとなった、都内で開催のマラソン大会に参加しました。

この大会は人気が高く、今年も一般の部の抽選倍率は12倍以上と、狭き門となりました。走りたいと思ってもなかなか走ることが叶わない大会。「でも、いつか走ってみたい!」私の中でいつしか憧れの大会の1つになっていました。友人の中にも落選した人が多く、今回「実は、私出場するんです」と伝えたところ、「終わったら感想を聞かせて!」「私の分まで楽しんできて!」「好タイム狙えるコースだよね!」などの言葉をかけていただき、皆さんからの期待を多分に背負っての出場となりました。

「抽選倍率が高いので、次はいつ走れるか分からない(ひょっとしたら、もう当らないかも?)」と思うと、記憶だけでなく記録にも残したくなり、少々重装備にはなりますが、久しぶりにウェアラブルカメラ装着で走ることにしました。(画角がワイド設定なので、左右が歪んで写っています。東京は建物が高いから尚更なのです。)

スタート地点は都庁前。20180309_1
いつもテレビ中継で見ているスタートゲートが目の前に現れ、「わ~っ、本物だ。今ここに本当に立っているんだ!」と胸が高鳴ります。参加者の皆さんも夢中で写真を撮っていました。

歌舞伎町(写真上段左)、重厚な建物が並ぶ日本橋周辺(写真上段右)を走り抜け、東へ東へと進んでいきます。約10km地点となるのが日本橋(写真中段左)。普段は車が行き交っているため間近で見ることができない「日本国道路元標」に触れることができました。さらに北へ向かって走り、約15km地点となるのが浅草です。東京スカイツリーを眺めながら、皆さん雷門との記念写真を撮影します。(写真中段右・下段左)門前仲町で折り返し、華やかな日本橋、銀座(沿道の応援が一番多かったです!)を駆け抜け、32km過ぎで今度は東京タワーとの記念写真。(写真下段右)20180309_2

経路案内標識に「川崎」の文字が見えた時には「だいぶ走ってきたんだなぁ」と感じました。(写真上段左)コースを折り返し、有楽町の石畳の道に入ったら残り1km(写真上段右)なのですが、その1kmが長かった~。たくさんの声援を受けながら、東京駅をバックに無事フィニッシュ!!!

途中、写真撮影のため立ち止まることが多かったのですが、なかなかの好タイムとなりました♪憧れのマラソン大会は、名所を巡りながら、片道3車線あるような主要道路ばかりを走る「THE都会な大会」でした。20180309_4

沿道の応援も多く、オリンピックにちなんだ「あと14kmだね そだね~」「もぐもぐタイムしてく?」という応援ボードを見かけたほか、「愛知県人がんばれ!」というボードを掲げている方(愛知県在住)もいらっしゃいました。「私も愛知県人です!」とアピールし、ちゃっかり応援してもらいました。(笑)受付から大会に至るまでず~っとお祭りのような華やかさで、まさに夢のような2日間。本当に良い思い出になりました。(名古屋営業所 Y.K.)