2018年6月のカレンダーをお届けします

本日は本社開発部のスタッフより、2018年インフォマティクスカレンダー6月の写真をご紹介します。


今月のカレンダー写真は、群馬県と新潟県の県境にある谷川岳の山頂部で撮影した写真です。昨年6月、谷川岳に登頂したときに撮影したものです。20180531_1

谷川岳は、群馬県と新潟県の境、上越国境にほぼ沿って存在する三国山脈の山です。日本海側と太平洋側の大気がぶつかる場所であるため天候が厳しくなることが多く、地形も険しい場所なのですが、この日は快晴に恵まれました。

登り始めは好天だったものの、山頂近くまで行くと雲が出てきました。ここでちょっと不安な気持ちに・・。20180531_2

そのまましばらく進むと雲の中に入り、景色も見えなくなってしまいました。しかし、山頂近くまで上りつめたところで、ちょうどタイミング良く雲が晴れてきました。最高のタイミングでした!
こちらは、山頂部から見た三国山脈の山々。20180531_3

天候に恵まれないことも多い谷川岳ですが、この日は本当に素晴らしい天候でした。20180531_4

そして山頂へ。
谷川岳は「双耳峰(そうじほう)」という、ちょうど柴犬の耳のように山頂が2つに分かれて、すぐそばに並んだような形になっています。低いほうがトマの耳(標高1,963m)、高い方がオキの耳(標高1,977m)と呼ばれていて、カレンダーに掲載されている写真はオキの耳からトマの耳を撮ったものです。20180531_5

この写真も、同じくオキの耳からトマの耳を撮ったもの。ちょうど良い場所に白い花(ハクサンイチゲという高山植物)が咲いていて、見事な「絵」になりました。(本社開発部 H.O.)