乗鞍天空マラソンに参加しました

本日は名古屋営業所技術開発部スタッフよりお届けします。


日本一高い所を走るフルマラソン「乗鞍天空マラソン」に参加しました。

名古屋では蒸し暑い日が続いていた6月下旬、長野県松本市の乗鞍高原で開催された「第13回乗鞍天空マラソン」に参加してきました。dav

実は、この大会へ参加するのは今回が3回目。2014年には30kmを完走。2017年には大会がフルマラソン(42.195km)へと生まれ変わった記念に参加したものの・・残念ながら20km地点で時間切れとなり、とても悔しい思いをしました。フルマラソンを完走できなかったのは初めてだったこともあり、その悔しさが忘れられず、今回リベンジに行ってきました!!

乗鞍天空マラソンは、次の特徴を持つフルマラソンです。
・ひたすら上り、ひたすら下る折り返しコース(上りは走れません!下りは足が止まりません、というか止まれません!!)
・標高1,500mから2,600mまでという、半端ない標高差
・6月下旬でも残る雪壁(さむいっー!)
かなり過酷に聞こえるかもしれませんが、そこが逆に楽しみポイント、魅力でもあります。

当日はとても天気が良く、スタート地点(標高1,500m)から折り返し地点(標高2,600m)を望むことができました。
dav

この写真は、11.8km地点を過ぎたあたり、標高約1,920mの所です。ついさっき折り返したばかりの道が、かなり下方に見えます。ちなみに、眼下に見える建物のあたりの標高は1,800mです。dav

さらに上っていくと、少しずつ山肌に雪が見えてきます。ここの標高は2,300m程度。昨年はここから先へ進むことができませんでした。sdr

そして、雪の壁!この景色が見たかったのです!!dav

折り返し地点(標高2,615m)では、スキーを楽しんでいる方々もいました。dav

ここから先は、今まで来た道を一気に下るのみ。上りは今年も関門との闘いでハラハラしましたが、今回は制限時間内にゴールすることができました。

SIS8.0サンプルプログラム「断面図作成」を用いて、大まかな標高グラフを作成しました。標高1,400m地点からスタートし、最初の5kmは比較的平坦ですが、その後グググッーと上っていき標高2,600m地点に着くと、あとはひたすら下り・・というコースがよくわかります。

20180706_2

地図データ出典:国土地理院 基盤地図情報数値標高モデル 10mメッシュ(標高)

とってもつらかったはずですが、こうして写真を見ていると「楽しかったなぁ、また行きたいなぁ」なんて思い始めてしまって困ります。つらいながらも自分の力で頑張った分だけ、素敵な景色に出会える、いい思い出になる。振り返って、そんなことを思いました。(名古屋営業所 Y.K.)