インフラ企業様向けセミナーを開催しました

本日は本社 事業開発部の営業スタッフよりお届けします。


先日、建設・測量生産性向上展2018の出展レポートで広報室ブログデビューしたMです。本日は、先週末開催した自社セミナーについてレポートいたします。

9月7日(金)、インフラ企業のご担当者様を対象とした「地図・図面・位置情報を活用した業務システム事例紹介セミナー」を開催しました。毎回好評いただいているセミナーで、今回も多くの方が参加くださいました。お忙しいなか参加してくださった皆さま、誠にありがとうございました。20180911_1

セミナーでは、最初に東北大学大学院 教授の久田先生より「自治体管理インフラの現状と東北地方における産官学連携の取組み」と題したご講演がありました。高度経済成長期に集中して造られたインフラ構造物の維持管理は、東日本大震災(2011年)や笹子トンネル天井板崩落事故(2012年)など、まだ記憶に新しい災害や事故を契機に進められていったとのこと。始まったばかりとも言えるインフラ維持管理事業は、今後さらに推し進めていかなければならない分野だということを実感させられたお話でした。20180911_2

続いて、弊社のソリューション紹介やJR西日本様からの事例紹介があり、全プログラム終了後、短い時間ではありましたがGyroEye Holoのミニ体験会を設けました。数組の方が体験に参加され、私の上長や先輩にあたる営業担当に熱心に質問されており、興味を持っていただけたご様子でした。

私もお客様から質問を受けたのですが、曖昧にしかお答えできずすみませんでした。先輩からのサポートが得られない状況でも、自分で自信を持って説明できる場面が増えるよう頑張ります!先輩方のプレゼンを見て、自分もセミナーでプレゼンターとして担当製品をご紹介できるようになりたいと思いました。(本社 事業開発部 H.M.)