2018年11月のカレンダーをお届けします

標準

本日は本社事業開発部のスタッフより、2018年インフォマティクスカレンダー11月の写真をご紹介します。


陽の落ちる時間が早くなり、秋も深まってまいりました。
こちらの写真は、以前、秋にパリを訪れた時の一枚です。20181030_1

パリのオペラ座近くにあるデパートGaleries Lafayette(ギャラリー・ラファイエット)の屋上から撮影しました。パリの天気は変わりやすく、その日も昼間は小雨が降っていましたが、夕方になってデパートの屋上に出てみたところ、たまたま雨もやみ、夕陽とともに素敵な写真を撮ることができました。

パリは光の繊細さが独特で、同じモチーフを撮影しても、光の加減で違う表情になります。そういったところから、印象派の巨匠モネや作曲家ドビュッシーなどにみられるような繊細で素晴らしい絵画や音楽が生まれたのかもしれません。20181030_2

アール・ヌーヴォーの美しい吹き抜け(ギャラリー・ラファイエット)

パリといえば、芸術の都と称され、有名なルーブル美術館、オルセー美術館をはじめとする美術館や、オペラ座などが立ち並び、芸術の秋を堪能する場所には事欠きません。

色々と見て回った中で、個人的には、ルーブル美術館の横にこじんまりと佇むオランジュリー美術館が印象的でした。この美術館は、元々19世紀にナポレオン3世が建てた温室(オランジュリー)を利用した美術館で、さほど混雑しておらず、壁一面に広がる巨大なモネの睡蓮をゆっくりと鑑賞することができました。

自然光にこだわって設計された鑑賞室。
白の壁面にモネの「睡蓮」。
柔らかい光の中に、青‥、蒼‥、碧‥。
展示されている絵画ももちろんですが、鑑賞する空間としても素晴らしい場所でした。

Musee de l’Orangerie
La Collection

オランジュリー美術館には、モネの大作以外にも、ルノワール、セザンヌ、ピカソ、マティス、ゴーギャン・・、印象派からキュビズムを経てパリ派まで、様々な名画が展示されています。

美術や音楽などの好みは人それぞれですが、パリにはジャンルや規模も含め様々な名建築、文化施設などがあるので、お気に入りの場所を探して旅をするのも面白いかもしれません。

また、日本でもこの時期は美術展や演奏会の開催が増えますので、芸術の秋を感じてみてはいかがでしょうか。そして、食欲の秋も忘れずに!(本社 事業開発部 K.Y.)20181030_3