インフラ検査・維持管理展に出展しました

本日は本社 販促スタッフからお届けします。


インフォマティクスは、7月24日(水)~26日(金)東京ビッグサイトで開催された「インフラ検査・維持管理展」に出展しました。この展示会は、道路、橋梁、トンネルといったインフラ構造物のメンテナンスに関する最新の技術や製品・サービスが一堂に会した展示会です。

弊社ブースでは、社会インフラ分野(電気・ガス・鉄道)の業務を支援する、位置情報を活用した各種ソリューションのデモやカタログ展示に加え、測量機器「トータルステーション」との連携で精度が大幅に向上した新ソリューション「GyroEye Holo TS+」を展示。トンネル模型も設置し、HoloLens越しにトンネル内部の構造やサイズの情報が空間上に投影される様子を体験していただきました。(下の写真は開催前日の準備風景。)

会期中は、多くのお客さまにお立ち寄りいただきました。なかには、Gyroeye Holo TS+のプレスリリースをご覧になり、東海方面から来場されたお客さまもいらっしゃいました。
皆さま、誠にありがとうございました。(本社販促 M.F.)