赤い巨星のごとく - 名古屋営業所より

標準
20120119

新年明けまして、おめでとうございます。本年もどうぞ宜しくお願いいたします。

(株)インフォマティクス/名古屋営業所は1989年に設立され、今年の3月で丸23年を迎えようとしています。こんなにも長い間、多くの方々に支えられ事業が続けられていることに、あらためて深い感謝の念を抱いております。

さて今年は、オリオン座の赤い恒星「ベテルギウス」が超新星爆発を起こすのではないかと、天文学の世界では話 題になっています。640光年かなたの話ですので、既に爆発しているのではないか、ということになりますが。(640年前といえば、室町時代/足利義満の 治世ですね。)爆発すると、しばらくは月光の100倍もの明るさになり、昼間でも煌々と輝くそうです。

そこで - 私たち名古屋営業所も、今年はベテルギウスのごとく産業界に燦然と輝く星となり、日本経済再復興の一助になりたいと、一同決意をあらたにしております。今後とも変わらぬご愛顧と、より一層のご指導ご鞭撻を賜りますようお願い申し上げます。

写真は、1月3日に商売繁盛の神様、豊川稲荷へ初詣に行った際に撮ったものです。抜けるような青空の下、インフォマティクスと名古屋営業所の発展を祈願しました。
20120119

成人の日に

標準
20120113

成人の日の休日、都内にある「神代(じんだい)植物公園」に行きました。隣接する深大寺(じんだいじ)は蕎麦で有名なお寺。そのため、お蕎麦屋さんには行列ができていましたが、冬枯れの植物公園は人もまばらで閑散としていました。

入口でもらった簡単な地図を見ると、温室以外で見頃とあるのは「蝋梅(ロウバイ)」だけ。途中のつつじ園、ばら園などが寒々としているのは当然だとしても、梅や椿の花芽もまだ小さく硬く、今年の冬の厳しさを感じさせました。ようやくロウバイ林に辿り着いたものの、節分の豆のような蕾はまだ開花しておらず、がっかり。

もう帰ろうと思ったその時、風に乗ってやってきたのは、確かな梅の香り。振り返ると、向こうに何となく人の気配も・・・。行ってみると、1本だけ満開のロウバイがあるではありませんか!そこに10人ほどの人がいて、写真を撮ったり観賞したりしていました。そのまわりだけ、春が来ていました。そこで私もカシャ。20120113

ロウバイは梅の中でも特に香りが強く、フリージアのようなフルーティで清々しい香りがします。(香りをお届けできないのが残念)

思わぬ出会いで幸せな気分になった帰り道、 「地図」は確かに途中まで私を導いてくれたけど、最後は香りと人の気配を感じとった「五感」というセンサーだったんだなあと思いました。これからも、地図を友にしつつ、一方では自分の五感を研ぎ澄ませながら、色々な幸せに出会いたいと思った休日でした。(本社事業推進室 M.M.)

2012年 新年に思う - 絆・岸・幸・備

標準

2011年は、東日本大震災が起こり、地震、津波といった自然災害の脅威と、人間が創り出した人工物の非力さ、管理の難しさを思い知らされた一年でした。そんな中で、地域や国家を超えて被災者と支援者を結ぶ「絆」が大きく取り上げられました。

地域や家族の絆が崩壊した無縁社会での様々な現象が報道される一方で、インターネットの世界ではSNSがブームとなり、新たな絆づくりが進行しています。 果たして、我々が求める絆とは何なのか?絆の本質はどこにあるのか?私個人、あるいはインフォマティクスは、何をどのように発信し、支援していけるのか? そんな重い課題について、大いに考えさせられた一年でした。

- 復興へ クラウド生かす 絆網 友に地域に 地球の仲間 -

「岸」
今年は、東日本大震災の復興を急がなければいけません。

復興のシンボルとして、陸前高田の奇跡の一本松が取り上げられていました。残念ながら、一本松そのものの命を救うことはできませんでしたが、その子供たち が生き延びようとしています。命をつないだ四本の苗に、漫画家のやなせたかしさんが、長男「ノビル」、次男「タエル」、三男「イノチ」、四男「ツナグ」と 名づけました。どの名前もとても重要なキーワードだと思います。その松と、今年の歌会始のお題「岸」を入れた一句を詠んでみました。

- 岸に立つ 一本松に 託す夢 繋ぐ命よ 耐えると伸びる -

「幸」
2004年に、「幸」をテーマに言葉遊びをして詠んだ歌があります。

- 辛抱に 一を加えて 幸を抱く 一人一つに 心をこめる -
震災後、結婚を決断する人が増えていると聞きますが、辛いことがあっても、ちょっとした工夫や思いやりを加えることで、幸福な気持ちになれるはずです。一 人一人、会社、地域、国家にとっての幸福とは何でしょうか?失われた20年の議論の中で、そんなことが問われています。

「備」
私たちは、
・心身を健康な状態に保ち、成長のための備え、リスクへの備えをしよう!
・素直な心で現実を見据え、将来に向けて体力・知力を充実させよう!
・実態に合わない、返済できない多額の借金で国家運営をすることは止めよう!
・集票のためにいい加減な言動を繰り返す議員への投票を止めよう!
・日本の将来のために、教育に力を入れ、若者の雇用を増やすことを優先しよう!
・成長戦略や目先の利潤に惑わされず、しっかりと地に着いた仕事をしよう!
そして、
・公共に役立つ空間情報サービスの提供に集中しよう!

- 先を見て 装備の準備 怠らず 素直な心で 真理を探る -

2012年1月
代表取締役社長 三原正一

2012年1月のカレンダーをご紹介します

標準
20111227

インフォマティクスオリジナル卓上カレンダー、ご紹介編の第2弾です。
20111227

今回は、雲は雲でも木の枝にとまる白い雲、ではなく、雪の写真です。そして、写真に添えたフレーズは「雪えだの 先に広がる 初みそら」です。撮影場所は 岐阜県高山市。撮影時はかなり寒かったと思われますが、枝先に残っている雪の一つひとつが綿のようで、厳寒の中、木々をふんわりと暖かく包んでいるように 見えないでしょうか?

色々なことを感じ、考えた一年。来年どんなことが起きるのかは誰にもわかりませんが、厳しい状況の中でも心は温かくありたいですね。
それでは皆さま、どうぞ良いお年をお迎えください。次回2月のカレンダーは2012年1月31日にご紹介する予定です。お楽しみに!

もうじきクリスマスですね

標準
20111222

気がつけば、残り1週間あまりとなった2011年。今回は、もうすぐクリスマスということもあり、オリジナルのグリーティング画像を作ってみました。まずは下の画像をクリックしてみてください!(Flash画像が開きます)
20111222

いかがでしょうか?なかなか雰囲気が出ていると思いませんか?この画像、ツリーの飾りや星のまたたきなどは弊社の3Dペイントソフト「Piranesi」でササッと加工して仕上げたものです。

Piranesiは、1つの画像に対して、朝夕、四季、テキスチャなどを変え、別の雰囲気を手軽に表現できるソフトです。このたびリリースされた最新バージョン6.1ではインターフェースが刷新され、一層直感的に操作できるようになっています。3Dモデルだけでなくデジカメ画像を取り込んでのペイント加工も簡単ですので、一度お手持ちの画像で試してみませんか?

Piranesi6.1新機能の詳細はこちら
Piranesiを利用した画像作品を見る
Piranesiを試しに使ってみる