スペイン訪問記

標準

先日、スペインに関するブログ記事をご紹介しましたが、本日もスペイン訪問記です。


2018年10月12日、バルセロナで朝を迎えました。
午前中から街中が騒がしく、交通規制が敷かれ、街角には警察官が立っています。何のデモかと思って見ていると、それはデモではなく祝日でした。大勢の市民が旗を持って公園に集まり、国歌を歌い、肩を組みながら街を闊歩し、その後はパブへ行き、昼間から飲んで騒いでいました。20181023_1

インターネットで検索してみると、「イスパニアデー / Fiesta Nacional de España(Día de la Hispanidad)」は、スペインの国家の日という祝日とあります。1492年10月12日、コロンブスがアメリカ新大陸を発見し、その後の植民地経営によってスペインの国力の基礎ができたことを祝う日として、400年後の1892年に制定されたということです。

人々が掲げている横断幕に書かれているのが「Esto Es España(エスト エス エスパーニャ)」。韻を踏むこの表現に興味を持ち、どういう意味か調べてみると、どうやら「これはスペインです」という意味らしいのですが、自国を愛するスペイン国民の意志を上手く表現した、洒落た言葉だなと思いました。(スペイン語やスペインに詳し方、言葉の意味や使い方をご教授ください!)

バルセロナにはガウディの偉大な建築が数多く存在し、100年以上経った今もなお、その存在感やデザインは特筆すべきものがたくさんあります。サグラダファミリアも、私が35年前に訪問した時は、完成までにあと200年はかかるだろうと言われていたのですが、現在では、ガウディの没後100年記念の年にあたる2026年に完成予定とされています。

未来に向けて自らのデザインや建築を残し、多くの人々を魅了し続けるアントニオ・ガウディの力に圧倒されたバルセロナの旅でした。(S.M.)20181023_4

20181023_3