建設テック2018に出展しました

標準

本日は本社 事業開発部AECスタッフよりお届けします。


インフォマティクスは、2018年10月17日(水)~19日(金)の日程で開催された「建設テック2018」に出展しました。本展示会は建設分野のIT化をテーマとする展示会で、今回初開催のイベント。3日間で来場者数7万6千人以上との報告にもあるように、会期中は多くの来場者で賑わっていました。(特に最終日は大賑わいといった感じでした。)

会場内には建設、土木、設計分野を対象とする様々な企業が出展。興味深いブースもいくつかあり、目を引く装飾や動線の作り方など勉強にもなりました。

弊社ブースでは先進のMRシステム「GyroEye Holo(ジャイロアイ ホロ)」を展示。来場者の方にホロレンズ越しにトンネル模型上に表示されるホロ画像を見ていただいたり、ブース空間上に表示されるホロ画像への操作を試していただきました。

ブースには、建設関連のほか別業種の方も多数お立ち寄りくださり、皆さん興味津々。何度か「こういうものが欲しかった!」というコメントをいただいたり、GyroEye Holoが現在販売中のシステムで、既に現場でも活用されていることに驚かれる方も多くいらっしゃいました。お客様とお話しする中で、こちらが思いもよらない使い方を提案していただく場面もあり、新たな可能性にも気付かされました。20181029_1

ホロレンズを装着して操作している様子はまだ珍しいのか、何度か「あやしいですね」とのお声がけがありました。また、ブース内で流している映像やパネルにも関心を持っていただき、立ち止まって「これはどういうものですか?」と説明を求められることも多くありました。

海外のお客様も多数立ち寄られ、ホロレンズを着けて画像が見えると「Ohhhh!」と大きな反応をいただき、とても嬉しく思いました。20181029_2

今回の展示会では、事前にロール・プレイングするなど自分なりに勉強して臨んだものの難しい質問にはお答えすることができず・・、まだまだ勉強が必要だと感じました。とはいえ、展示会説明員として2度目、今回3日間の会期ということもあってか、最終日には自分1人で説明できることが増えました。

3日間おかげさまで多くの方々に興味を持っていただき、システムの機能や活用方法、現場での導入イメージやメリットについてご紹介することができました。ブースにお立ち寄りくださった皆さま、誠にありがとうございました!

なお、11/19(月)にGyroEye Holoの無料体験会を開催する予定ですので、ご興味のある方はぜひこの機会にご参加ください。(本社 事業開発部 H.M.)

建設・測量生産性向上展2018に出展しました

標準

本日は、今年4月入社の新人スタッフよりお届けします。


皆さま、はじめまして。
8月より建設分野向け製品の営業部門に配属となったMです。よろしくお願いいたします!

今回、インフォマティクスが出展した「建設・測量生産性向上展(CSPI-EXPO)2018」のブース支援に行きましたので、会場の様子をレポートしたいと思います。

建設・測量生産性向上展2018は、建設・測量業界の最先端の機械・設備・技術・サービスなどが集結した展示会で、今回が第1回目の開催だそうです。

会場内には現場点検アプリ、3次元計測システム、画像診断ソフトをはじめとするシステム関連から、地中探査機器やドローンといった機材・機器まで、現場の生産性・安全性向上を目的とした製品が多数展示されていました。いずれの出展社も特徴が出ていて、とても興味深かったです。

インフォマティクスはGyroEye Holoを展示。ブースには韓国や中国など海外からのお客様が多く立ち寄ってくださり、なかにはモニターで流していたGyroEye Holoの動画映像を撮影されている方もいらっしゃいました。20180831_1

20180831_2

配属後初の展示会ということで内心ドキドキ。肝心の接客のほうは・・、せっかくお客様が足を止めてくださったのに、自分だけではうまく説明することができず、結局Kマネージャに頼りきりとなってしまいました。製品の魅力をもっとうまく伝えられるよう精進しなくては、と痛感しました。また、展示会では、より多くの方に立ち寄っていただけるようブースを工夫することが大切だなとも思いました。とはいえ、現場は純粋に楽しかったです!ブースにお立ち寄りくださった皆さま、ありがとうございました。(本社 事業開発部 H.M.)